atomthreads

open source RTOSということだが,RTOSが必要な用途はないが,面白そうなのでいじってみる.
ソースをダウンロードして展開すると,kernel, ports, testsというディレクトリがあるが,ports/avrに移動して,makeでビルドは簡単にできた.avr-gcc, uispのパスは多少変更が必要.
doxygen(=docs gen?)というのはよくできていて,ソースコードからhtmlまたはTeXのマニュアルを自動的に生成してくれる.DoxyfileでGENERATE_LATEX=YESとして,
doxygen Doxyfileとする.
Makefileで
PART=atmega16
となっていて,atmega32ではそのままコンパイルできたが,それ以外ではピンの対応とかいろいろ変更しないと動かないようだ.
aitendoにあるので買って来た
何げにニッチをおさえているので、油断出来ない

広告
カテゴリー: AVR

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー
2010年1月
    2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。