Raspberry Pi (1)

6/1に申し込みで7/18に届きました。

BeagleBoneではSDカードが付いていましたが、こちらで最初にすることはSDカードにイメージを書き込むことです。

1 イメージのダウンロード
http://www.raspberrypi.org/downloads
からRasbian “wheezy”をダウンロードします。RaspbianはDebianをRaspberry Pi向けに最適化したもので本家の推薦となっている。
現時点では
→ 2012-07-15-wheezy-raspbian.img
http://elinux.org/RPi_Easy_SD_Card_Setup
に解説がありますが、MacOSXでコマンドラインでやる場合について書く。

2 まずdisk番号を確かめること。
SDカードを入れる前にdf -hとした後
SDカードを入れた後再びdf -hとしたとき、追加されたのは
/dev/disk3s1 (3、4など環境によって異なる)であれば、

diskutil unmount /dev/disk3s1

とする。
書き込みは

dd bs=1m if=2012-07-15-wheezy-raspbian.img of=/dev/rdisk3 

とした。
diskの取り出しは

diskutil eject /dev/rdisk3

SDカードを取り出してRaspberry Piに入れ、起動すれば無事
RaspbianOSが起動しました。

広告
カテゴリー: Raspbery Pi

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー
2012年7月
« 3月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。